ご報告・漫画になったよ.

震災後、我が家でお預かりしていた7ぷぅちゃんが漫画になりました。


DSC09107[1]

(・・・1コマね^^;)






預かりをしていた子が新しい家に馴染んで愛されてるかって、
やっぱり凄く気になるところで、特に7ぷぅちゃんはトイレも出来てなかったし、
時々えずいたりしていたので健康面にも不安アリ。
老パグだしこのままうちの子になるのかもって思っていた子。

DSC09136[1]


だから尚更、パパさんに抱っこされてる絵を見て、
ジ~~ンってなっちゃった。

愛されちゃってるよ~~~。良かったねって(TT)

こういう形で、今の幸せ報告が聞けるなんてホントに感無量です。





DSC09360[1]

この写真は、4月に若林区の荒井を7ぷぅと散歩中の写真。

ここは母親んちの散歩コースなんだけど、田んぼばっかりの景色で、
遮る物のない景色の向こうに、この頃は倒れた電信柱などが見えてました。



この場所から車で10分の「仙台市農業園芸センター」の施設一部が、
10月7日からようやく再開したと聞き行ってきました。



津波被害を大きく分けた、仙台東部道路の海側の施設。

DSC08372[1]
(2011/04/09撮影)



海岸近くでも大型の商業施設などは早くから再開していて、
仙台に住んでいても海から離れて暮らしていると、
平穏な元の暮らしが戻っているんだと勘違いしてしまう時があるんだけど、
海から数キロ離れている田んぼばかりの「仙台市農業園芸センター」付近、
それこそ仙台東部道路の向こう側は、今も多くのトラックが行き来していました。

同じ仙台に住んでいるくせに、まだ何も始まってもいない場所や人を再認識して、
言葉では言い表す事が出来ない焦燥感や喪失感に久しぶりに襲われました。


DSC08336[1]

今も止まったままの時計。

いつもは綺麗なバラが咲いていた場所だったのに・・・。
施設内の水道は7ヶ月経った今も使えない状態でした。


良い方に変わっていると思いたい。
けど、震災から数ヶ月経って犬を手放す人がいるのです。
今も先の見えない不安と戦っている。それが被災した人たちの現実。



地震さえなければ。

津波さえなければ、原発の事故さえなければ、

生涯同じ家にいれたはずなのに・・・。


スタンダードプードルの里親さん募集中。 → 『 バトンタッチ 』



せめてそういう子にも7ぷぅちゃんと同じに、優しいパパママが現れるといいね。






DSC09120[1]

・・・って、ちょび聞いてないでしょ?(笑)


今度はちょびねるで7ぷぅちゃんに会いに行こうね。



*7ぷぅちゃんの漫画は「エレガンスイブ 12月号」に掲載されてます*


Pagination

Utility

まとめプラグインv2

09 | 2011/10 [GO]| 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポチしてくれるの?

ブログ村にジャンプ~♪
にほんブログ村 犬ブログ パグへ